旅行を快適にするならキャリーバッグが重要!選ぶべき4つのポイント

県外や海外など自宅から大きく離れている地域へ行く時は泊まり掛けになるでしょう。

遠方へ行く目的は旅行や出張など人それぞれですが多くの共通点は長旅には手荷物が付いて回ります。

日数分の着替え、石鹸や歯ブラシなどの洗面用具、女性なら化粧品、ビジネスマンならスーツやパソコン等など色々な荷物を持ち歩くことになるのです。

それらを収納するために多くの人が使っているのがキャリーバッグなのです。

当然ながら遠方に行く時は手荷物は少ない程に動きやすいのですが長期宿泊となれば必然的に荷物は増えてしまいます。

遠方への旅路に向かう時に心強い味方は荷物を収納するキャリーバッグです。

同じキャリーバッグでも特徴が異なるので自分に適した物を選ぶことから始まります。

  1. 道中の負担が軽くなる軽量キャリーバッグ
  2. 長期旅行におすすめ!大容量キャリーバッグ
  3. 荷物の取り扱いに気を付けるなら万能キャリーバッグ
  4. 旅行回数が少ない人にレンタルキャリーバッグ

道中の負担が軽くなる軽量キャリーバッグ

旅行や出張の醍醐味は目的地へ向かう途中だと言われることがあります。

しかし逆に苦労や負担などもあるので決して良いことばかりではありません。

負担が大きくなる最もな原因は手荷物であることが大半を占めているそうです。

荷物はできるだけ少なくするのが負担を軽くする方法ですが、そう簡単にはいきませんよね?しかし荷物を持ち運ぶキャリーバッグの軽量化によって旅の負担は大きく減るのです。

1泊~3泊の滞在におすすめ

軽量型キャリーバッグは短期から長期用まで幅広く存在しています。

しかし短期用のキャリーバッグとなれば軽いだけでなく必然的にサイズが小さくなるでしょう。

コンパクトになるため、持ち運びだけでなく旅先で場所を取ることが少なくなります。

長期旅行におすすめ!大容量キャリーバッグ

大型のキャリーバッグは長期滞在に向いており8泊を超える人におすすめです。

長期宿泊となれば当然ながら持っていく荷物は増えてくるでしょう。

一般的な旅行で長期滞在する人は少ないですが、遠方に縁がある人や県外に支店が存在する職場にいる人は使う機会があるかも知れませんよね。

大型連休での旅行や、遠方への単身赴任者におすすめ

特に目的地にスーパーや日用品を売っている店舗が少ない時には大型のキャリーバッグが役に立ちます。

大容量となれば90L以上の面積が確保されており大量の荷物を収納することができるのです。

長期宿泊となれば着替えが増えたり普段持っていくことがない洗濯用品など持っていく荷物が追加されることが多くなります。

荷物の取り扱いに気を付けるなら万能キャリーバッグ

近頃のキャリーバッグは非常に優れており、丈夫な物や防水など中の荷物に気を使っているのです。

旅先で荷物が壊れてしまうとせっかくの旅行が台無しになってしまうのは避けたいですよね。

たまに見掛けるのが雨天時にキャリーバッグにビニール袋を持ち歩く旅客。

雨を凌ぐには良いアイデアと言いたい所ですが不便なことには変わりありませんよね?それなら丈夫で尚且つ防水仕様のキャリーバッグなら雨天時にも気にすることなく転がすことができるのです。

デリケートな荷物の持ち運びにおすすめ

荷物が機械類であれば取り扱いには注意したい所ですよね?機械類と言えば代表的なのがノートパソコン、動画や静止画を撮影するカメラなどが挙げられます。

道中で予期しない事態に遭遇することも考えたキャリーバッグを使用するのは基本だと言われているそうです。

いきなりの雨天時やキャリーバッグが横転してしまったなど様々なアクシデントがありますよね。

しかしキャリーバッグが防水仕様だとどうでしょう?少々のことでは壊れない丈夫なキャリーバッグだとどうでしょう?このように中の荷物を丁重に扱う人には万能的なキャリーバッグがおすすめです。

旅行回数が少ない人にレンタルキャリーバッグ

キャリーバッグを持っていない人が突然、県外に用事ができてしまったら急いで買い揃えることになるでしょう。

しかし、常日頃から遠方に行くことがない人がキャリーバッグを購入しても使う機会がほとんどないので自宅の片隅に保管することになります。

その間は無駄に場所を取ってしまい、それこそ邪魔な荷物になってしまっては元も子もありませんよね。

遠方へ行く機会が少ない人にはレンタルキャリーバッグの利用がおすすめ

レンタルキャリーバッグはとても使い勝手がよく短期~長期に至るまでの幅広いキャリーバッグを利用できるのが魅力です。

宿泊日数や状況によって適したなどと考えると使うべきキャリーバッグは大きく変わってきます。

誰もが思っていることは数回使う人はレンタルをするより購入した方が安いのは言うまでもないでしょう。

しかし先程も述べたように自宅に保管しているだけのキャリーバッグは邪魔な荷物に他ならないのです。

レンタルとなれば必要な時に必要なサイズのキャリーバッグを手配できるので急な用事にも対応ができるのです。

まとめ

一言にキャリーバックと言っても目的によって使うべき種類が大きく変わってくるのがお分かり頂けたかと思います。

色々なデザインの物から内部構造に優れていたり、長期向けの大型キャリーバッグなど目的に応じた物を使うことが大事です。

しっかりとキャリーバッグを選んで不便のない旅行にしましょうね。