自分だけのキャリーバッグでオリジナリティを演出!ステッカーでおしゃれにしたい!

キャリーバッグは今では、旅行用に使われるスーツケースの代表格になりました。

キャリータイプでないスーツケースのほうが、少数派になった感じですね。

しかしあまりに多数派になったせいで、ターンテーブル上の自分の荷物がわかりづらくなってという、デメリットも生まれてきました。

スーツケースは目立ったほうが

仕事の出張専門で使用するスーツケースやキャリーバッグの場合、悪目立ちしてはいけません。

あくまでフォーマルに地味に、品よくする必要があります。

でも個人用の、プライベートで使用するキャリーバッグなどは、その分も弾けたくなりますよね。

おしゃれに自分の個性を生かしたキャリーバッグに、したくなるのは当然です。

でもフルオーダーでない限り、同じキャリーバッグがターンテーブルに乗ってくる可能性は、常にあるものです。

また空港でキャリーを引っ張っている時に、同じタイプのバッグを持っている人を見かけるということも、実は結構あるのです。

となると、まずは見分けの問題が出てきます。

次に自分だけのキャリーバッグではないという、悲しい問題にも直面します。

できればターンテーブルで迷子にならず、これが自分だけのオリジナルというキャリーバッグ、持ちたいですよね。

ステッカーでおしゃれにしかも実用的に

昔も昔50年以上前には、スーツケースにステッカーを張っている人はまれでした。

と言うよりも、スーツケースを持っている人も見かける場合が希少だったのです。

当時スーツケースに貼ってあったステッカーは、実際現地で購入したものがほとんどでした。

しかし今では日本にいながらにして、各国のステッカーも手に入ります。

それだけでなく多くの種類のステッカーが販売されているので、お気に入りのステッカーを見つけることも簡単になりました。

うまくこれを貼れば、自分のキャリーバッグがどこにあってもわかりますし、間違われる心配も激減します。

海外のものを貼っておくと、いかにも海外旅行慣れしたベテランの旅人と行った感じも演出できますね。

スカーフなど持ち手に巻いておしゃれにというのも悪くないですが、これ取れてしまう可能性が高いのです。

その点ステッカーなら、剥がれにくいので安心して使用ができます。

どんなステッカーがおすすめ

もちろんデザインや色も大事ですが、基本的なところでのおすすめを見ていきましょう。

剥がれにくいこと

旅の途中で剥がれてしまっては、用をなしません。

剥がれにくいというのは最低条件ですね。

ただステッカーの糊が、溶剤を使えば簡単に剥がせるのかも確認しておきたいところです。

というのも、仕事用とプライベート用のキャリーバッグを兼用している場合、仕事時には派手なステッカーは剥がす必要があるからです。

またもっと単純に、好みが変わってステッカーも替えたいという場合もありますね。

剥がれにくいと同時に、きれいに剥がせることが出来るのかも考えておきたいですね。

防水加工があるものが

旅先での天候というのは、行ってみなくてはわかりません。

なので雨具の用意は一応していくのが当然です。

ついでに、貼っていくステッカーの防水についてもチェックしておきましょう。

雨にあったら剥がれてしまった、旅行途中で取れてしまったというのは、結構悲しいですよね。

どんな風に貼ったらおしゃれになるのかステッカー

ではおしゃれにしかも実用的にステッカーを貼る、いくつかの例を上げておきましょう。

プライベート用の場合

プライベートに使用するキャリーバッグにステッカーを貼る場合、もうこれは好みで貼っていくしかありません。

全面にベッタリとステッカーを隙間なく貼るのもいいですね。

遊び感覚が非常によく出ますし、目立ちやすいのがメリットです。

でも決して、ビジネス用には使えません。

これとは逆に、ワンポイントで目立たせる手もあります。

キャリーバッグの色と対照的な色、例えば黒のキャリーバッグなら赤とかショッキングピンクのステッカーを1つだけ、と言う貼り方です。

これは実はかなり目立ちますし、1つだけなので剥がすことも簡単です。

ビジネス用途と兼用にするなら、こうした貼り方だと面倒がありません。

ビジネスの旅行に使う場合

あまり派手なステッカーは流石に貼れません。

でも空港などでちょっとだけ自己主張したい場合、ワンポイントのステッカーをキャリーバッグの隅にきっちりと貼るのがおすすめです。

あまり派手な色でなく、キャリーバッグの色にそれなりに溶け込むほうが良いですね。

これにちょっと派手なハンカチでも持ち手に巻けば、自分の荷物の判別には充分です。

ハンカチはすぐに外せますので、手迎えの人の手前も安心です。

またあえて前面ではなく、側面にそっと貼っておくのもいい感じです。

目立ちすぎずクールで、仕事の旅行でもじゃまになりません。

まとめ

ステッカーをキャリーバッグに貼るというのは、楽しみでもありまた実用面でも有用です。

自分のキャリーバッグが判別しやすくなり、しかも気持ちの演出まで出来るのですから、これはぜひ利用したいですね。

今中本当に多くの種類のステッカーが販売されています。

お気に入りのステッカーを貼ったキャリーバッグで、楽しい旅に出かけてください。