場所、世帯別、自分にあったキャリーバッグのおすすめの選び方

大人になると、旅行や出張などでキャリーバッグを使うシーンが多くなります。

しかし、旅行先で使いづらいなと思うことはありませんか?実は、自分に合っていないキャリーバッグを使っている可能性があります。

どんなキャリーバッグが自分に合っているのか見ていきましょう!

キャリーバッグはハードタイプとソフトタイプの二種類

キャリーバッグにはハードタイプとソフトタイプがあります。

ハードタイプのキャリーバッグは表面が硬く、丈夫につくられているため耐久性があります。

ロック機能が基本的に備わっているため、防犯性に長けているのもポイントです。

雨天時の場合でも中身が濡れてしまう心配もありません。

ソフトタイプのキャリーバッグは、柔らかい素材を使用しているので軽くて柔軟性があります。

そのため荷物が増えてしまっても、使用されている素材がある程度膨らむので耐えることが可能です。

<参考>私が絶対おすすめするキャリーケースランキングベスト10

旅行の交通手段による大きさの注意

旅行の交通手段によって、キャリーバッグの大きさを考えなければいけません。

飛行機での旅行の場合は国際線・国内線100席以上の航空機:三辺の合計115センチ以内、10kg以内国内線100席未満の航空機:三辺の合計100センチ以内、10kg以内の荷物の機内持ち込みが可能です。

新幹線での旅行は3辺の合計が160センチを超える荷物を持ち込む場合、「特大荷物スペース付き座席」を予約することになります。

(2020年5月より開始)そして、「特大荷物スペース付き座席」を予約せずに3辺の合計が160センチを超える荷物を持ち込んだ場合、1000円の手数料を取られます。

(3辺の合計が160センチを超えない荷物は足元や網棚の上に置くことが出来ます。

また、ベビーカーなども網棚に置けますが、もし「特大荷物スペース付き座席」を利用したい方は空いていれば予約が可能です。

海外旅行向け

宿泊日数が少ないのなら機内持ち込みがおすすめです。

さっと降りられるメリットもありますが、日本と違い、バッグの扱いが雑な場合があるため、汚れたり、紛失したりすることが多々あります。

(ちなみに私も某国で白いスーツケースを真っ黒になって帰ってきたことがあります。

)宿泊日数が長い場合、荷物が多い場合はスーツケースカバーをつけて荷物を預けることをおすすめします。

(ちなみに航空会社に預けていたキャリーバッグが黒く汚れてしまった場合は、ベルトコンベアーのゴムの汚れのことが多いです。

汚れてしまったキャリーバッグの汚れはメラニンスポンジで落とすことができるので、ぜひ試してみてください。

)キャリーバッグのタイプはハードタイプがおすすめです。

柔らかい布タイプのキャリーバッグは簡単に刃物で切られてしまい、海外でスリや盗難に会いやすいため、ハードタイプにしましょう。

国内旅行一泊から二泊、出張旅向け

友人、知人の結婚式や短期の出張などで、ビジネスホテルを使うことが良くあると思います。

日本のビジネスホテルの一部屋は非常にコンパクトです。

キャリーバッグを広げてしまうと足の踏み場がありません。

また、駅などのロッカーに預ける場合もハードタイプの膨らみが邪魔をして入らない場合があります。

小さめで、蓋にものを詰めないタイプのキャリーバッグだと広げた時に場所も取らず、ロッカーに困ることも少ないかと思いますのでおすすめです。

蓋にものを詰めないタイプは布、革タイプのキャリーバッグが多いです。

ちなみによく、家の鍵などを旅行中に紛失してしまう方は布製キャリーバッグで、外側にポケットが沢山付いてるものがあります。

そこの一番使わなさそうな小さなポケットに入れておくとなくす確率が減ります。

キャリーバッグの中や、出し入れの激しい鞄やポケットに入れておくと旅先で紛失してしまいがちです。

小さい子どものいるファミリー向け

旅行中、「ママ疲れた」「ママ抱っこ」なんて言われること多いと思います。

キャリーケースを持ちながらベビーカーは難しいし、大きな荷物と子どもを抱っこしながら土地勘のない道をウロウロすることを考えただけで疲れてしまいます。

そんなママ、パパさんには、子どもを乗せることができるキャリーケースをおすすめします。

キャスターがついているので、荷物と一緒に引っ張るだけ!子どもも遊具のようにキャリーバッグに乗って遊んでくれます。

一人暮らしの方向け

一人暮らしの方、キャリーバッグが収納スペースを圧迫していることはありませんか?おしゃれなキャリーケースを選ぶと収納スペースにしまわなくても、部屋の雰囲気を壊さず、キャリーバッグに普段良く使うものを入れ、収納ケースとして使うことが出来ます。

中の生地に素敵な布や絵が描かれているものは開けっ放しにしてあっても部屋のアクセントになります。

キャリーバッグは可愛いものでも一万円以下で買えます。

収納スペースが少ない一人暮らしの方にはおしゃれなキャリーバッグを買うこともひとつの手です。

まとめ

今まで何気なく買っていたキャリーバッグも、知ると選ぶのが楽しくなります。

沢山種類のあるキャリーバッグから自分の旅先に合ったお気に入りの形のキャリーバッグを選び、今よりさらに楽しく快適な旅にしましょう!